【うつ病ブログ】薬を飲むことへの罪悪感

うつ病のときは薬を処方してもらいますが、薬を飲んでいるときの隠したい気持ちなど、私が感じたことを紹介したいと思います。

少しでもうつ病の方のためになれば良いなと思います。

薬を飲んで良くなりたいけど、いつまで続くの?


薬を飲まなければいけないとわかっていても、薬を飲むことで、普通の人とは違うと思ってしまう自分がいます。

うつ病の間とうつ病が良くなっても予防として薬を飲むことに、とても抵抗がありました。

自分はうつ病なんだと自覚するようで、大切な薬だけど飲みたくないと感じることも多々ありました。

仕事場では隠れるように飲む


仕事場で薬を飲むときは、隠れるようにして飲んでいました。お昼ご飯の後に飲むときは、同僚がいないのを見計らって飲むことが多かったです。

薬について触れられることがないように、必死で隠れて飲んでいたのを覚えています。

コントロールする薬はうつ病が良くなると飲むことに抵抗がなくなってきた


うつ病をコントロールする薬は、今の自分に必要だとわかっていても飲むことに抵抗がありました。

しかし、うつ病が良くなってきたころには、慣れてきたのか抵抗がなくなってきました。

きちんと処方通りに飲むことはとても大切なことで、抵抗なく飲めるようになると、飲む時間が遅れたりすると、不安になることもありました。

自殺に使いたくなったときも


薬を大量に飲んで、自殺してしまおうと思ったことも…。

でもそのとき考えたのは、どこで死んでも人の迷惑になるということです。

家で死んでも家族の迷惑になり、外で死んでも外にいる人の迷惑になります。

自殺で死ぬ場所なんてないのです。

だから生きるしかない。

人の迷惑になることは避けたいと思って、薬で死ぬことはできませんでした。

もし、助かっても動けない体になったらどうしようとも思いました。

だから生きるのです。

うつ病のあなたへ


うつ病のあなたも自殺したいと思っているかもしれません。嫌なこと、負担になっていることを全て捨てて自由に生きてみるのも良いと、私は思います。

私は思い切って仕事をやめました。

辞めたことで嫌なことが減って、とても楽になり、うつ病がみるみると良くなったことを覚えています。

早くやめておけば良かったと思ったほどです。

勇気がいるかもしれませんが、嫌なことを断ってみるのも一つの手段かもしれません。

生きていく勇気をもって、死ぬのではなく生きてください。

kawaii

投稿者: kawaii

いつもご覧いただきありがとうございます。 トレンドのファッション・コスメなど、女性の皆さんが好きだと感じる情報を随時更新していきます。ごゆっくりご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA