【5月の東京】上旬・中旬・下旬の服装15選!旅行におすすめのレディースコーデ

ファッション

5月に東京旅行に行こうか考えている人は、どのような服装が良いのか迷いますよね。今回は、5月の東京旅行におすすめの服装を紹介します。上旬・中旬・下旬別にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。旅行に行く際は、天気や気温を確認してより過ごしやすい服装にすると良いでしょう。

5月の東京の気温

上旬の平均気温は約16℃

5月上旬の最高気温は、約22℃前後と4月に比べると暖かい日が多くなります。しかし、最低気温は約12℃から14℃と寒いので薄手のアウターがあると便利です。

中旬の平均気温は約16℃から18℃

5月中旬の最高気温は約22℃から23℃で、最低気温は約13℃から14℃です。日中は暖かいですが、朝晩が冷え込むので上旬と同様に薄手のアウターを着用すると良いでしょう。

下旬の平均気温は約18℃から20℃

5月下旬の東京の最高気温は、約23℃から24℃と暖かいです。最低気温は14℃から16℃と中旬に比べて気温が少し上がり、1日を通しても暖かく過ごせる日が多くなります。

上旬|5月の東京での服装5選

デニムジャケットでカジュアルダウン


デニムジャケットにロングワンピースを合わせた、大人カジュアルな着こなしです。デニムジャケットの袖をまくって、こなれた印象を与えましょう。足元はパンプスを履いて、春の季節を演出しています。コーデを引き締めるために、バッグとパンプスは黒でまとめておしゃれに仕上げています。

オーバーサイズのトレンチコートでこなれ感を


オーバーサイズのトレンチコートにパンツを合わせた、大人っぽい服装です。足元は黒の靴を履いて、コーデを引き締めましょう。上品なデザインのバッグを持つと、より大人の女性を演出できます。

ジャケットを羽織って大人っぽく


ジャケットを羽織って、大人っぽくまとめたレディースコーデです。5月上旬の東京は薄手の羽織りものがあると便利なので、ジャケットを羽織ってきちっと感を演出しましょう。またデニムパンツを着用するとカジュアルダウンして、おしゃれなファッションに仕上がります。

カーディガン×デニムパンツ


カーディガンにデニムパンツを合わせた、大人カジュアルなレディースコーデです。Vネックのカーディガンの首元にはネックレスを付けて、コーデのアクセントにしましょう。足元は春らしさを出すために、サンダルを履いて抜け感を演出しています。

肌寒い日はトレーナーを着用して


スプリングコートに白パンツを合わせた、きれいめカジュアルな服装です。気温が高くならない5月上旬は、インナーをトレーナーにして暖かく着こなしましょう。白やブルーの爽やかな色合いでまとめると、春の季節感が演出されておしゃれにまとまります。

中旬|5月の東京での服装5選

レーススカートで女性らしく


カーディガンにレーススカートを合わせた、大人可愛い服装です。朝夕の肌寒い日は、カーディガンを羽織って温度調節をしましょう。ロングスカートはレース素材にして、涼し気にまとめるとおしゃれに仕上がります。足元はラフさを演出できるぺたんこのサンダルを履いて、抜け感を出しています。

暖かい日はトレーナー一枚で


グレーのトレーナーにパンツを穿いた、ラフな服装です。5月中旬の東京は暖かい日が多くなり、トレーナー一枚でお出かけできる日も出てくるでしょう。トレーナー一枚の服装だとラフになりすぎるため、ネックレスやピアスなどのアクセサリーを付けて華やかさを演出するとおしゃれに仕上がります。

ロングスカートで華やかに


華やかなデザインのロングスカートに無地のパーカーを合わせた、フェミニンなレディースコーデです。コーデの主役級のロングスカートなので、パーカーはシンプルなデザインを選ぶとメリハリがつきます。足元は大人の余裕を演出するために、スニーカーを選ぶと◎。

カーディガンで寒暖差対策を


ボーダーのカーディガンにパンツを合わせた、大人っぽい服装です。日中は汗ばむ日も多くなる5月ですが、朝晩は気温が低くなるのでカーディガンを羽織って寒暖差対策をしましょう。落ち着いた色合いのパンプスを履いて、大人っぽさを演出するとシックにまとまります。

黒のバッグでコーデを引き締めて


Vネックカーディガンにイエローパンツを合わせた、華やかな春の着こなしです。足元は白のサンダルを履いて、春の季節感を演出しましょう。こなれた印象を与えるために、カーディガンは肩に掛けるようにするとシックに仕上がります。

下旬|5月の東京での服装5選

ブラウスはインして


白のブラウスにパンツを合わせた、大人っぽい服装です。5月下旬の日中の東京は、ブラウス一枚で快適に過ごしましょう。ブラウスはパンツにインすると、ウエスト周りがすっきりと仕上がります。カラーパンツを穿いたスタイルは春らしく、おしゃれな印象を与えるのでおすすめです。

バッグを赤を差し色にして


デニムシャツに黒パンツを合わせた、大人カジュアルなファッションです。足元はサンダルを履いて、春の季節感を演出しましょう。肩に掛けたバッグの赤が差し色となり、おしゃれなコーデに仕上がっています。

シャツワンピースで大人可愛く


ブルーのシャツワンピースにサンダルを合わせた、大人可愛い服装です。ベルトを付けてウエストマークすると、メリハリが付いておしゃれにまとまります。シャツワンピースの袖はルーズにまくって、こなれた印象を与えましょう。

ロングTシャツでラフに


ロングTシャツにロングスカートを合わせた、大人カジュアルな服装です。足元のスニーカーとロングTシャツは白でまとめて、統一感あるコーデに仕上げましょう。スカートのグリーンが鮮やかで、春に合ったファッションの完成です。

羽織りものを活用して


白トップスに青のパンツを合わせた、カジュアルなレディースコーデです。ブルーのストライプシャツワンピースを羽織って、コーデのアクセントにしましょう。キャップやバッグは黒にして、コーデを引き締めるとおしゃれに仕上がります。

東京旅行に行くときの服装のポイント

続いて、5月に東京に行く際の服装のポイントを紹介します。せっかくの東京旅行を楽しみたくても、暑かったり寒かったりすると楽しめないですよね。ポイントを確認して、ぜひ旅行の際の参考にしてみてください。

薄手のアウターがあると便利

5月の東京旅行は朝晩が少し冷え込む可能性があるので、薄手のアウターがあると便利です。バーベキューや外で用事があるときは、薄手のアウターを持参すると良いでしょう。

アウターがいらないなら厚手のトップスを

5月の東京では、日中の気温が高くなるのでアウターは必要ないときもあります。天気にも左右されて迷うときは、厚手のトレーナーやトップスを着用すると良いでしょう。また、着脱しやすいカーディガンなどで寒暖差対策をするのがおすすめです。

5月の東京は暖かくなりつつあり軽めの服装がおすすめ!

5月の東京は暖かい日が多くなり、日中アウターが必要ない日も続くでしょう。しかし、天気が悪い日は肌寒く感じたり朝晩は冷え込む可能性があったりするので、薄手のアウターやカーディガンがあると便利です。ぜひ東京旅行に行く際は、服装を確認してみてくださいね。

~関連した記事はこちら~

コメント

タイトルとURLをコピーしました