【5月の山形】旅行や観光におすすめの服装!気温も確認して楽しもう

山や湖を見ている人 ファッション

5月の山形県に旅行を考えているなら、気温に合った服装でお出かけしましょう。まだまだ日中と朝晩の寒暖差が激しい5月の山形では、薄手の羽織り物を持参するのがおすすめです。今回は、5月の山形におすすめの服装と気温を紹介します!ぜひ、参考にしてみてくださいね。

5月の山形県の気温

平均気温日最高気温日最低気温
上旬14.8℃21.4℃9.0℃
中旬15.8℃22.0℃10.4℃
下旬17.9℃24.3℃12.5℃
山形(山形県) 平年値(旬ごとの値)気象庁参考
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/nml_sfc_10d.php?
prec_no=35&block_no=47588&year=&month=&day=&view=p1

5月の山形県の平均気温は14.8℃で、日最高気温は21.4℃です。少しずつ気温が高くなり、下旬になると平均気温が17.0℃で日最高気温は24.3℃と暖かくなります。しかし日最低気温は上旬で一桁台、下旬でも12.5℃なので薄手の羽織り物が活躍しそうです。

上旬|最高気温21℃におすすめの服装

服装のポイント

最高気温21℃の日は日中は過ごしやすいですが、朝晩になるとひんやりと感じます。日中は長袖トップスで過ごして、朝晩はライトアウターを羽織りましょう。トレンドのアイテムや季節に合ったデザインを選ぶと、おしゃれですよ。

ライムカーディガンで華やかに


ライムカラーのカーディガンで春らしくまとめた、大人っぽい服装です。パンツは黒を選んで、引き締め効果を期待しましょう。トップスの白が顔周りを明るく仕上げるので、おすすめです。

モノトーンで大人可愛く


白のロングスカートに黒のカーディガンを合わせた、モノトーンな服装です。ふんわりと広がるフェミニンなスカートなので、キャップをかぶってカジュアルダウンさせましょう。カーディガンの首元と裾部分のボタンを開けて、抜け感を出すとおしゃれにまとまります。

ピンクブルゾンで春の着こなし


ピンクのブルゾンとストライプ柄のロングスカートで、モードに決めた服装です。華やかな色合いのピンクなので、春の季節感が演出できます。気温が高く暖かい日中は、サンダルを履いて抜け感を出しましょう。

中旬|最高気温22℃におすすめの服装

服装のポイント

最高気温22℃の中旬は、上旬と同様に日中は薄手のトップスだけで過ごせます。朝晩になり寒さを感じたら、ライトアウターを羽織りましょう。季節感のあるアイテムを取り入れて、春らしく仕上げてくださいね。

フリル付きブラウスで女性らしく


フリル付きブラウスを着用して、女性らしく仕上げた服装です。定番のデニムパンツには、デザイン性の高いブラウスを合わせて華やかに決めましょう。ブルー系でまとめた服装なので、パンプスは黒を選んで引き締めています。

クロップドブルゾンですっきりスタイル


クロップドブルゾンを羽織って、すっきりと仕上げた服装です。服装とマッチした黒のキャップをかぶって、紫外線対策をしましょう。足元は歩きやすいように、スニーカーを選ぶのがおすすめです。

ゆったりパンツでノンストレス


ゆったりとしたワイドパンツに白トップスを合わせた、シンプルな服装です。無地のトップスなので、ロングネックレスを身に付けて顔周りを華やかに仕上げましょう。朝晩に寒くないように、カーディガンを羽織って対策するのがおすすめ。

下旬|最高気温24℃におすすめの服装

服装のポイント

最高気温24℃の日は日中なら半袖で過ごせますが、朝晩に気温が低くなるのでライトアウターを羽織って対策をしましょう。薄手の長袖トップスなら、一枚で快適に過ごせそうです。

ロングスカートの大人可愛い服装


ロング丈のバルーンスカートにカーディガンを合わせた、大人可愛い服装です。カーディガンは肩に掛けるようにすると、こなれた印象を与えられます。ピアスや時計などの小物を取り入れて、華やかに仕上げましょう。

キャップで紫外線対策


キャップをかぶって紫外線対策をした、カジュアルな服装です。足元はスニーカーを選んで、ラフに仕上げましょう。ゆったりとした服装を選んで、楽に旅行を楽しむのがおすすめです。

ホワイトカラーで爽やかさを演出