【5月の京都】旅行や観光に合わせやすい服装!上旬・中旬・下旬別!気温も確認して

ライダースジャケットを羽織った人 ファッション

5月はゴールデンウィークがあるので、旅行するのにぴったりですよね。寒暖差が激しい5月の京都では、羽織りものがあると安心です。今回は5月の京都に合う服装と気温を、上旬・中旬・下旬別に紹介します!

5月の京都の気温

平均気温日最高気温日最低気温
上旬18.4℃24.1℃13.3℃
中旬19.1℃24.7℃14.1℃
下旬20.9℃26.5℃16.0℃
京都(京都府) 平年値(旬ごとの値)気象庁参考
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/nml_sfc_10d.php?
prec_no=61&block_no=47759&year=&month=&day=&view=p1

5月上旬の京都の平均気温は18.4℃で、中旬は19.1℃、下旬は20.9℃です。日最高気温は25℃前後と暖かいですが、日最低気温は14℃前後と低いです。寒暖差対策として、ライトアウターを持ってお出かけしましょう。

京都旅行での服装のポイント

5月の京都は、寒暖差が激しいので注意が必要です。気温が高い日もあれば低い日もあり、それに加えて日中と朝晩の気温差もあります。半袖に薄手のアウターを持って、旅行に行くと良いでしょう。

上旬|京都旅行での服装

気温24℃の服装とは

最高気温24℃の日中は暖かいですが、朝晩は13℃くらいまでしか気温が上がらないので肌寒いです。日中のみ外出するなら半袖だけで大丈夫ですが、夜も外にいるなら薄手のアウターがあると安心ですよ。

クロップドシャツですっきりスタイル


クロップドシャツにボリュームのあるワイドパンツで、メリハリを付けたレディースコーデです。ポインテッドトゥパンプスを履いて、女性らしさを加えましょう。グレーとブルーの2色コーデが大人っぽさを演出して、おしゃれな印象を与えています。

カーディガンで目線を上に


肩に掛けたカーディガンが目線を上げるので、スタイルアップに繋がる着こなし方です。Tシャツはワイドパンツに入れると、すっきりとした服装が完成します。黒のパンプスを履いて、足元がを引き締めましょう。

シアーブルゾンで夜も安心


冷え込む夜はシアーブルゾンを羽織って、寒暖差に対応した服装に仕上げましょう。ホワイトのロングワンピースとかごバッグの組み合わせが春夏らしく、季節感を演出できています。暑さを感じる日中はシアーブルゾンを脱いでも◎。

中旬|京都旅行での服装

気温25℃の服装とは

ポカポカ暖かい気温25℃は半袖で過ごせますが、朝晩は薄手の羽織りが必要です。一枚のみで過ごしたいなら、薄手の長袖や七分丈が便利に使えるでしょう。

サンダルで抜け感を


暑さを感じる日中と肌寒さを感じる夜は、七分袖で気温に合わせた服装を選びましょう。明るめの色のカットソーなので、ボトムスは締め色を選ぶとメリハリが付きます。足元はサンダルを選んで、抜け感を演出すると◎。

ホワイト×ピンクの女っぽい服装


ホワイトのスカートとトップスで、統一感を出した服装です。ブルゾンはピンク色を選ぶと、女性らしさがアップします。ブルゾンは肩に掛けるとこなれ感が出て、より大人の女性らしいファッションに仕上がりますよ。

グリーンパンツで華やかさを演出


ハートが刺繍されたニットにグリーンパンツを合わせた、フェミニンな服装です。ハートが刺繍されていますが、グレーの生地にブラックのハートで大人っぽい印象を与えています。カラーパンツがコーデを華やかに仕上げて、より春っぽくまとめましょう。

下旬|京都旅行での服装

気温27℃の服装とは

最高気温27℃は半袖で過ごせますが、室内で冷房が効き過ぎていたり朝晩の寒暖差があったりして寒さを感じる場面も。薄手のカーディガンを忍ばせて、対策をとりましょう。

日中はロングワンピース一枚で涼し気に


ロングワンピース一枚で、軽やかに仕上げたレディースコーデです。ワンピースは一枚でサラッとおしゃれに仕上がるので、旅行中は便利ですよ。落ち着いた大人の女性を演出するために、足元は黒のパンプスを選びましょう。

レッドカーディガンで華を添える


春はレッドカーディガンで、コーデに華を添えましょう。歩きやすいように、足元はスニーカーを選ぶとラフさが演出できます。シンプルなホワイトのトップスを着用して、旅行中は着回しがしやすいようにしましょう。

キャミワンピースで女性らしさを出す