【うつ病ブログ】薬を飲むことへの罪悪感

うつ病のときは薬を処方してもらいますが、薬を飲んでいるときの隠したい気持ちなど、私が感じたことを紹介したいと思います。

少しでもうつ病の方のためになれば良いなと思います。

薬を飲んで良くなりたいけど、いつまで続くの?


薬を飲まなければいけないとわかっていても、薬を飲むことで、普通の人とは違うと思ってしまう自分がいます。

うつ病の間とうつ病が良くなっても予防として薬を飲むことに、とても抵抗がありました。

自分はうつ病なんだと自覚するようで、大切な薬だけど飲みたくないと感じることも多々ありました。

仕事場では隠れるように飲む


仕事場で薬を飲むときは、隠れるようにして飲んでいました。お昼ご飯の後に飲むときは、同僚がいないのを見計らって飲むことが多かったです。

薬について触れられることがないように、必死で隠れて飲んでいたのを覚えています。

コントロールする薬はうつ病が良くなると飲むことに抵抗がなくなってきた


うつ病をコントロールする薬は、今の自分に必要だとわかっていても飲むことに抵抗がありました。

しかし、うつ病が良くなってきたころには、慣れてきたのか抵抗がなくなってきました。

きちんと処方通りに飲むことはとても大切なことで、抵抗なく飲めるようになると、飲む時間が遅れたりすると、不安になることもありました。

自殺に使いたくなったときも


薬を大量に飲んで、自殺してしまおうと思ったことも…。

でもそのとき考えたのは、どこで死んでも人の迷惑になるということです。

家で死んでも家族の迷惑になり、外で死んでも外にいる人の迷惑になります。

自殺で死ぬ場所なんてないのです。

だから生きるしかない。

人の迷惑になることは避けたいと思って、薬で死ぬことはできませんでした。

もし、助かっても動けない体になったらどうしようとも思いました。

だから生きるのです。

うつ病のあなたへ


うつ病のあなたも自殺したいと思っているかもしれません。嫌なこと、負担になっていることを全て捨てて自由に生きてみるのも良いと、私は思います。

私は思い切って仕事をやめました。

辞めたことで嫌なことが減って、とても楽になり、うつ病がみるみると良くなったことを覚えています。

早くやめておけば良かったと思ったほどです。

勇気がいるかもしれませんが、嫌なことを断ってみるのも一つの手段かもしれません。

生きていく勇気をもって、死ぬのではなく生きてください。

【うつ病】死にたくなったら、本当は生きたい

いつもと変わらない風景が、すごく綺麗に見えた日、私の友達は自然なのかと感じた。いつもと変わらない人たちが、私とは全く違った人たちに見えた。

いつもと変わらない日常なのに、私だけが変わったんだ。

うつ病になってから、こんなことを思うようになった。

「土がなきゃ私はどこかに飛んで行ってしまう」

突然の思い


上記に書いたように、健康な人には理解ができない思いをするようになりました。

私自身がフラフラと宙を舞うような感覚で、しっかりと地に足が付いていないような感じです。そのため、いつ死んでしまうのか、どこかに行ってしまうのか、自分自身でもわからずにいました。

もし私が木だったら土で固定されてるはずですから、その土がないということは、どこかに行ってしまうんではないかと。

今思えば良くわからないことを思っていました。

自殺はしたくない。だが自分に殺されそう


私は苦しいこの世界からいなくなったら、楽になるんじゃないかと思い始めました。しかし死ねなかったのです。死ぬのが怖かったのです。

怖いのに死にたい。自分に殺されると言った感じです。

自分に殺される前に、死ぬ前にやりたいリストを作る。全てやり切ったら殺されてもかまわない。だから私は、たくさんのやりたいリストを作成しました。

今ここで生きているので、やりたいリストを作成して良かったと感じています。

周りの死は影響されやすかった


私がうつ病で苦しんでいたとき、芸能人の方ではありますが、自殺をしたと言った報道が流れていました。

そのときは「苦しい思いをしていたら、楽になるために死を選んでもいいんだ」と思えました。 楽になってもいいんだ。無理して生きなくてもいいんだと。

自殺は悪いことじゃないと思えました。

しかし、うつ病の私でも考えました。

どこで死ねるのだろうと。

家で死んだら片付けが大変、迷惑がかかる

車にひかれたら、運転手に迷惑がかかる、その人の人生を狂わせてしまう。

山で死んだら山に遊びに来るたくさんの人の迷惑になる。

高いビルから飛び降りたら、下にいた人の迷惑になる、見た人の人生を狂わせてしまうかもしれない。

要は、自殺する場所なんてないんだ。

生きなきゃいけないんだ。

私が一人でうつ病と戦って苦しめばいいんだ。

死ぬのはいつだってできる。

少しでも生きたいと思うなら、死ぬ準備から始めればいい。

会いたい人にも会っておこう。

死ぬ準備をしてからでも、遅くはない。

私はそんなことを考えていました。

私は、誰かに助けてほしかったのだと思います。

こんなに苦しいんだよ、誰か助けて。

うつ病で苦しんでいる方


私がうつ病だったとき、本当に苦しかったです。

なのでうつ病で苦しい思いをしている方の気持ちは、わかります。

でも、生きていてほしいんです。

生きていると、笑えることがあります。

仕事を辞めても、食事を抜いてもいいと思います。

辛いなら辛いと声にだしてみて下さい。

病院の先生でもカウンセラーでも、誰でも良いから辛いと言うんです。

そこからまた、違った道が開けるかもしれません。

死ぬのはいつだってできます。

だからこそ今生きるのです。

~関連した記事はこちら~

【実話】うつ病と診断・周りに助けられながら

はじめに

何かがきっかけとなってうつ病と診断されて、薬を服用しながら毎日病気と戦っている。そんなうつ病の方は、周りに理解されずに苦しい思いをしているかもしれません。

苦しくて自分を殺しそうになり、周りに助けを求めますが、なかなか理解されないことにますます苦しみ…悪循環な思いから自分はいらない存在ではないかと思ったり…。

そんな苦しんでいる方の助けになれればと、ブログを通して私の体験談を伝えようと思います。

病気になる前の仕事とプライベート


病気になる前の私は笑顔を大切にして、仕事は責任をもって最後までやり遂げる。できれば早めに対応することを心掛けていました。

仕事ができて皆から信頼される人になりたい、自分の仕事の幅をどんどん広げたいとも思うようになっていました。

一方プライベートでは、大好きなショッピングや女子トークなど、本当に充実していたと思います。

突然襲い掛かる症状


ある日突然、物忘れをするようになりました。

全く覚えておらず、自分でも驚くほど物忘れがひどくなり、脳の病気ではないのかと心配するほどでした。

そのときは、彼氏がいたので相談に乗ってもらっていました。

ですが、ただの物忘れなので、真剣に聞いてくれなかったのを覚えています。

どんどん物忘れはひどくなり、心も不安定になっていきました。

病院を受診


最終的に病院で脳波とCTの検査をしたところ異常が見られて、先生に不安なことや悩みなどを打ち明けると、うつ病だと診断されたのです。

それからが私の今後の人生で最大の悪夢が始まるのでした。

光が見えない真っ暗なトンネルのような


今はうつ病が良くなって、子供2人を育てているママですが、うつ病と診断されてからは光が見えない真っ暗なトンネルをひたすら歩いているような日常でした。

いつになったら光が見える外に出られるのか、誰かに道案内をしてもらって明るいところまで連れ出してもらいたい。そんな気持ちで毎日生きるのだけで必死でした。

病院からは薬が処方されますが、飲んだからといってうつ病が良くなって治るわけではありませんでした。

自分の考え方を改めたり、病気に向き合ったり、薬だけではなく自分自身が大きく関わっているのではないかと今になって思います。

これは良くなってきたから思えることであり、うつ病で苦しんでいるときは、生きるだけで精一杯なので、そのように思えるまでには随分時間がかかりました。

もちろん薬でコントロールすることも大切です。薬の力を借りながら、うつ病を治していかなければいけません。

向き合ってくれる人がいたから


私がここまで良くなったのは、うつ病という病気と私自身以外に真剣に向き合ってくれる人がいたからだと思っています。

話を聞いてくれて、アドバイスをもらい、自分が自分でいられるように助けてもらっていました。

死にたいと言ったら、感情的にならずに真剣に話を聞いてくれる人がいたから、今生きているのだと思います。

病院の先生や看護師の皆さん、私のそばにいてくれた彼氏。全ての人に本当に感謝です。

うつ病を診断されてから


うつ病と診断されてから、本当に辛い日々を過ごしました。そんな私が過ごした日々をこれからのブログに書こうと思うので、少しでもうつ病の方の助けになれればと思います。